横浜の分譲マンションで大規模修繕工事を完了しました

横浜の分譲マンションで15年目に大規模修繕工事を実施

自宅は、新築で購入した横浜の分譲マンションです。
購入したのが平成16年(2004年)でしたので、15年目にして初めての大規模修繕工事が実施されました。
自分はマンションの管理組合に入居当初から関わりを持ち、施工会社の選定や工事の説明、費用面についてなどの詳細に積極的に意見を出したり、工事について住民の同意を取り付けたりという役を行いました。
正直なところ、戸数の多いマンションで苦労した部分もありましたが、管理組合方式をとったことの良さは樹民の結束力が高まったことや、比較的大規模修繕工事の施工会社との折衝がスムーズに進んだことなど、自分自身勉強になることも多く、施工後の住民アンケートでは「満足・やや満足」が8割以上に達するという成功をおさめることができました。

長かった…
マンションの大規模修繕工事が
そろそろ終盤に🙆‍♀️

やっとテラスに出られるよ👍

朝日を浴びながら
なんちゃってヨガ〜✨

気持ちのいい季節到来☀️ pic.twitter.com/N9dM5cUaWX

— もりゆうこ (@hama37yuko) April 23, 2020
確実で丁寧な工事を進めてくれた大規模修繕工事の会社の担当者の方には、感謝の気持でいっぱいです。
管理組合では、修繕を行う部分や費用の面についての計画を行なう部会でリーダー役を行いました。
不便を感じる住民の多かった駐輪場の改善や、痛みが進んできていて資産価値に影響を与えそうな外壁、緑が少なくて荒れている雰囲気を感じさせるエントランス周りの修繕など、要望の多かったポイントを重点的に修繕するようにプランニングを整えていきました。

横浜の分譲マンションで15年目に大規模修繕工事を実施管理組合で工事の内容や金額を精査し予算内で工事開始スピーディーに工事が完了し入居時の輝きを取り戻す

大規模修繕工事 横浜 | 横浜市の大規模修繕工事